読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも僕はラーが好き

趣味について綴るブログです。パズドラがメインになるかと思います。

ラーに救いは来るのか、という話。

パズドラ

今日からまたたくさんダンジョンが増えましたね。


最近はチャレンジ系がグダグダなので、しっかりクリアしていきたいと思いつつも、アンケがあるのでそっちもやりたかったり…


あとは進化待ち&育成待ちのモンスターがいるので、そっちもどうにかしたいです。忙しいなぁ。


そして、ここから本題。
現在、究極覚醒進化という新しい進化が実装され古株のモンスターたちがまた返り咲いています。

そして今のところ実装されたのがこのモンスターたち。
神
あれ、ネプとミネルヴァ以外は僕の所持モンスター避けられてる…!?(>_<)
(*ヴリトラとインドラは分岐究極でした。指摘してくれた三日月さんに感謝)


まぁそれは今置いておいて、パズドラの山本プロデューサーが先日
このように仰っているので

もしかしたらラーも究極覚醒するかもしれないのでは…??
と最近考えております。


ただでさえ、最近は3コンボで7倍叩きだすキャラと比べられて(しかも向こうのが火力出る)立場が無くなっているので、ここらで調整してもらっても良いのでは。
倍率はそのままで、覚醒とスキルだけどうにかしてくれれば大満足ではあります。


けど、結論として個人的には今のままでも良い気がしてます。
強くなったら確かに嬉しいのですが、今の光ラーにもすごく愛着があります。


僕のパズドラ史をおおまかに振り返ると
パズドラ開始→ブラッキィ→エンドラ→ヴァルキリー→イシス→ラー→サタン→緑諸葛→覚醒ネプといった流れ。
この中でラーを使い始めてからが本当に楽しくて、降臨など地獄級をクリアできるようになったのがこの辺からでした。


ハトホルやヒカーリーのように光染めは無理だし、かといって回復タイプでまとめようにもサブはいないし

正直時代についていけてないといっても過言ではないけれど。

それでもなんとなくラーを使い続けてきました。
おそらく、究極覚醒が来なくとも僕はラーを使うんだろうなと思います。

その代り
Untitled
イシスだけはどうにか助けてあげてください。光メタが育ったらもう使うことないですきっと!!(>_<)



今日はこの辺でおしまい。閲覧ありがとうございました。